スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来予想図。

今日は開幕戦だっつーにこの天気は何。この気温は何…拷問⁉︎修行⁉︎


ヨナ語りをしよう。
今本誌でゼノ編やってるからか、ゼノ大人気の模様ですね。彼に関しては大体予想通りでした。物哀しいですね。CCAでのララァの言葉を思い出します。拷問よ、ってやつ。まああの台詞はZZ全否定みたいな処があって何か…なんですが。

私の好きキャラ上位3人は、ハクヨナ(順不同)、ユン。4位以降はその時によって入れ替わりますが、概ね四龍が上位を占めててそこに次男坊や空と地の将軍、スウォンが割り込む感じ。多分割と普通なランキングになりますね。

今日は、この作品の読者さんの大部分は考えるんじゃないかな〜と思う“未来予想図”を好きキャラ上位3人についてグダグダと書きます。3パターン程ある予想の、今回は本命を(笑)


・ヨナ姫 『第12代高華国国王』
まあ、鉄板ですよね。大体の人が一度は予想してるのではないでしょうか?とはいえ、鉄板ではありますが結構茨の道だと私は思います。反対が凄そうですもん。
高華国の王位継承システムに退位という制度があるのかは分かりませんが、ヨナ姫の夫は国王になるとの設定から少なくとも在位中は誰かと婚姻を結ぶことは出来ない。これは彼女にとってどうなんだろ。キツイかな?そうでもないかな。
また、上記の設定から女王が即位した例は少なくともこの250年ではなさそう。故に大公のような身分も設定されてなさそう。新たに設置することも可能でしょうが、「それ、めんどくさ(ユン君談)」といった理由で新設もなさそう。
女王の場合、大奥のような後継生産システムを採用出来ないのが痛い処。だから一代限りだったり、子が居る后の夫王が早世した場合の所謂ツナギとしての即位が目立つ。なので夫を持たないヨナ姫の場合、血筋や緋龍王伝説を最大限活用すると共に後継を産んだ状態での即位が1番周囲を納得させられそう。
女王反対論者は必ず後継問題を持ち出すだろうから、先手を打って実績を作るってワケです。何かめちゃめちゃ嫌な話ですけどね…

・ハク 『高華の雷獣及び女王陛下の専属護衛』
この人は何も変わらないかと。相変わらず姫バカで、女王の犬だの愛人だのと誹謗されても何処吹く風で。ヨナ姫が王位に就いている限り彼女の夫にはならない。それはあくまでもシステム上の問題で、身分差故にではないと思います。だって幼馴染だし、ってか身分的に第一順位がスウォンのような王族、第二順位がジュドのような空の部族。第三順位が他将軍家、でしょ。流石にスウォンと比べれば霞みますが、充分高い身分をお持ちです。
ジュドの進退によっちゃ空の部族の将軍就任はあり得るかも。後継に絡む大人の事情で。同じく大人の事情で、また作品全体に若い力、次世代のなどのキーワードが散見されることもあり風の部族長への再任はなさそう。まあ高華国で稀少な(もしかしたら唯一の)異名持ちなので身分がなくとも充分地位を確立出来そう。
でもまあ、女王の犬だろうと愛人だろうと第13代高華国国王の父親にはなれるのではないでしょうか。

・ユン 『高華国宰相』
若しくは宰相に相当する地位を確立。要はヨナ姫の政権下におけるブレイン。
天才ですからね!天才な上に努力家。彼は大出世しますよね絶対。とりあえず現代日本における大蔵省、厚生労働省、文部科学省、農林水産省あたりのトップを兼任出来そう。
民衆の支持も得られそうですし、確実に国政におけるNo.2になることでしょう。
ただ、ユン君の場合貴族嫌いだったりとかイクスはじめ神官絡みの問題とかがあるので、果たして宮廷で上手く立ち回れるのか。彼は天才だけど人格者ではないからなぁ。その辺は今後の成長に期待!でしょうか。


予想の本命としてはこんな感じ?
スウォンの事を考えると切ないですが…
理由はどうあれ、目の前で父親を殺されちゃ流石に和解は難しそうですもんね。


以上です。
そのうち、未来予想図の対抗でも。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

月桜キキ

Author:月桜キキ
月桜キキと申します。
数年振りに二次創作の世界に出戻って参りました。普段はしれっと会社員やってます。

暁のヨナ、聖闘士星矢(無印)を中心に、他ジャンルも時々。
NLBL混在しますのでご注意!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。